私が自宅の近くの家の近くのかかりつけ医を利用している中での体験記について

ホーム / 未分類 / 私が自宅の近くの家の近くのかかりつけ医を利用している中での体験記について

■私が、自宅から一番近い家の近くのかかりつけ医に診療して頂く際に実感していることについて

私は、家の近くのかかりつけ医に診療して頂く際に、もう通い始めて私自身は20年近く経過しますし、子供達も少しした風邪等については診療して頂くようにさせていただいております。実は、私達の地域は離島であるが故に遠くも近くも、その家の近くのかかりつけ医としましては、島に一つだけある診療所しかないのです。ですので必然的に島民全員が利用させて頂いているような形になっております。特に季節の変わり目である10月からの寒くなる時期につきましては、診療所は大変込み合います。ですので午前中は島の巡回バスを利用して診療所に大多数の高齢者の方々が押し寄せるような形になりますので、午後の比較的混まない時間を狙って子供達や自分自身の体調の変化があれば通院するようにしております。診療所は大変繁盛しており、どうしても小児科等しか対応できない病気等につきましては、島外の大きな総合病院や、小児科で診察して頂くようにしております。先生も毎日患者さんを一人で診察されている点からもどんな症状なのか、どのような処方せんが良いのか的確に判断して処方して頂いていることに日々感謝しております。