ペインクリニックにてほくろ除去

結婚式の数ヶ月前、人生で2回目の美容皮膚科に行きました。私は右頬に直径1センチくらいのほくろがあり、いつもコンシーラーを駆使して薄くしていたのですが、昔からとても気になっていました。それが原因で一度フラれたこともあり、絶対に消したい・特に結婚式など多くの人の目に触れる際には、ないにこしたことがない…! と思い、美容皮膚科の門を叩きました。一度学生の時にも美容皮膚科に行ったことがあり、その際はレーザーを2回も当てたにも関わらず、少し薄くなる程度で効果はほとんどありませんでした。先生も大変いい加減で、経過を見てくれるわけでもなく、「ハイドロキノン」という薬を渡して、「これをたくさん塗ってね」で終わりでした。費用は1万円くらいはかかったと記憶しています。2回目は別の美容皮膚科に行ったのですが、形成外科も担当する先生が「これは切りましょう」ということで、後日、30分程度の手術をしました。痛みは全くなく、ガーゼも次の日にはとれて、しばらくテープを貼っていました。手術から2年経った今は、再発することもなく、肌色の皮膚になっています。幼稚園の頃からほくろに悩んでいたので、なくなったこと、とても嬉しかったです。美容クリニックでほくろ除去を行いました。明らかに膨らんでいるようなほくろではなく、ただの黒点のほくろです。頬と口周りにあったものを除去することにしました。事前に、皮膚の薄い部分はレーザー照射で痛みを感じるかもしれないと言われており、注射すら苦手な自分はちょっとおっかなびっくりで施術に臨みました。頬のほくろに関しては、レーザーを照射してもあまり痛みを感じることはありませんでした。チクッとしたようなしてないような・・・?覚悟していた分、平気だったのかもしれません。口周りはピリッと指すような痛みがはしりました。注射とまではいきませんが、小さくつねられたような感覚です。けれど、ほんの一瞬のことで、施術後も痛みが持続するようなことはありません。ほくろとその周りが薄っすらと赤くなりますが、パウダーを塗り直せばほとんどわからなくなってしまう程度です。施術回数を重ね、ほくろが薄くなってもそれぞれの施術箇所の痛み具合は変わりません。ほくろの状態というより、どこにできたかということで痛みが変わるようです。

住宅リフォーム総合情報お家の見直ししま専科英語上達の秘訣ダイエットチャレンジ100日マッサージのリアル口コミ.com“エステサロンを上手に利用する情報サイト”AGAでお悩み解決